靴下を履いたまま入れる 水なし足岩盤浴
『北投石盤癒®』の特徴・ポイント

水なし足湯『北投石盤癒®』は、湯の花セラミックボール(人工北投石)により、岩盤浴発祥の地である秋田県玉川温泉の岩盤浴を“足岩盤浴”として忠実に再現し、水に濡れることなく、お手軽に靴下を履いたまま、ポカポカ気持ち良くご使用いただけます。
その特徴・商品機能をまとめました。

1.岩盤浴の元祖 秋田県玉川温泉『北投石』の主成分 湯の花セラミックを使用

表面那智石の下に、ネット入り湯の花セラミックボール(人工北投石)を敷くことにより、玉川温泉と同様の天然ラドン・大量のマイナスイオンが発生されます。
遠赤外線よりもじっくり・しっかり温熱効果及びホルミシス効果を得られます。
靴下を履いた状態での体感温度は、38℃~程度ですが、しっかりと温まるのが特徴です。

湯の花セラミックボール

特許公開第2004-307313
実用新案登録第3094011号

2.湯の花セラミック(人工北投石)は交換の必要がありません。
ランニングコストは電気代のみです。

「何年に1回、交換が必要ですか?」とよく質問されますが、湯の花セラミック(人工北投石)の天然ラドン発生半減期は、なんと1,600年ですので交換不要です。

3.ドライ(乾燥状態)で清潔です。

お湯、スチームなどを使用しない表面石温度約45℃~50℃(靴下体感 約35℃~42℃)で大量のマイナスイオンも出ており、菌が繁殖しづらい状態です。
同じ温熱システムの岩盤浴ベッドの検査結果がこちらです。(岩盤浴ベッドの場合、発汗するため、足温浴より厳しい環境での結果です。)

4.お手入れ、簡単!メンテナンス不要

定期的な石の交換等は不要です。半年に一度を目安に、表面那智石を取り除き、下のホコリを掃除機で吸っていただくだけです。

5.安全性に配慮し、那智石の上に靴下のまま足を乗のせて使用します。(火傷の防止)

那智石の上に靴下のまま足を乗せてご使用いただきますが、誤って石の中に潜らせて使用してしまった場合でも、熱源ヒーターの上にセラミックネットが敷いてありますので、直接熱源ヒーターには触れません。
(但し、石の中に潜らせてのご使用は、弊社想定体験温度より高いためお控えください。)

6.簡単温度設定(1℃単位で可能)省エネタイプ

熱源ヒーターは、

  • 1人掛け用(最大90W)
  • 2人掛け用(最大180W)
  • 3人掛け用 / 囲みタイプ(最大270W)

仮に9時~17時ご使用の場合
1人掛け用で、約15円 / 日
2人掛け用で、約30円 / 日
3人掛け用・囲みタイプで、約45円 / 日
と経済的です。

省エネ設計になっております。
設定温度に達しますと、ヒーターOFFとなり、5℃下がると再び熱を入れます。

7.デジタルプログラムタイマーでON / OFF。時間・曜日設定可能!

電源を入れてから使用可能温度になるまで約3時間半程必要なため、外付けプログラムタイマーをお付けしております。

例えば、月曜日~金曜日の9時~16時にご利用(土日お休み)の場合
5時30分ON・16時OFF・土日終日OFFに設定し、自動でON / OFF 作動します。(時間はその都度、変更可能です。)

8.移動可能です。

囲みタイプ3人用で約53kg ですので、男性2名で十分持ち上げられる重さです。

9.様々なタイプ(計5タイプ)から用途に合わせお選びいただけます。
10.安心のメイド・イン・ジャパンです!

商品に関するお問い合わせ・ご注文方法

まずは、お電話やメールにてお気軽にお問い合わせください。

TEL:0120-30-8821
電話受付時間:9:30~17:30
定休日:土・日・祝日

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP