秋田 玉川温泉 全身温熱「北投石盤癒®」温水マットタイプ

玉川温泉 湯の花パウダーシート使用! 
全身温熱

床に!ベッドの上に!置くだけ 即スタートできます。

岩盤浴発祥の地 秋田県玉川温泉 本格派岩盤浴がより身近に始められます!

商品特徴

こだわり

    岩盤浴ベッド

    1)湯の花パウダーシート使用

    玉川温泉の純正湯の花を特殊加工した「湯の花パウダーシート」を使用することで 玉川温泉岩盤浴に限りなく近づけることに成功しました。

    2)温水のやわらかなあたたかさ

    熱源は電磁波の影響を受ける電熱ではなく、限りなく自然の地熱のやさしさに近づけるために、温水循環方式による温水熱にこだわりました。

    温度調節機能が温水の温度をコントロールするため 一定した快適な温度を維持します。
    自然な温かさが体の隅々にまで広がり 体の芯から温めます。

    全身温熱サーモ画像
    体圧分散による負担軽減
    全身を硬い面で支えると、どうしても血行が妨げられ 身体に良くない影響があらわれます。
    逆にやわらかすぎると身体の重い部分だけが沈み、不自然な姿勢になります。
    温水マットなら温水の浮力で 腰の部分が沈み込むこともなく、自然な姿勢を保ったまま全身を同じ力で支えることができます。
    冷え性改善・血行促進
    温度調節機能が温水の温度をコントロールするため、一定した快適な温度を維持します。
    自然な温かさが身体の隅々まで広がり、心地よくご利用いただけます。
    電気を使用した熱ではないので、お肌が乾燥することもありません。
    全身温熱温水器

    タンク内のクリーンフィルターにより、清潔できれいな温水が循環します。
    水道水を使用するので、専用の液などは必要ありません。

    心と身体のリラクゼーション・ストレス解消
    冬は、温度を高めに設定して温かく、夏は 水温をやや低めに設定して涼しくなどオールシーズン快適にお使いいただけます。
    温水の上に浮いているような心地よい解放感は、深いリラクゼーション効果やストレス解消を導きます。

    3)遠赤外線パネル搭載の全身ドームサウナ

    従来型の面ヒーターでは、全面が均一に発熱するため左右下部の温度が低く天頂部は高くなり、10~15℃の温度差ができていましたが、 「北投石盤癒®」では ドーム左右両側の発熱量を高くし、ドーム天井部に向かい徐々に発熱量を少なくしているため空気の対流により ドーム内の熱が均一になるため、立ち上がりが早く 省エネタイプになっております。

    岩盤浴ベッド

    ドーム内から放射される遠赤外の秘密

    遠赤外線

    虹の七色の赤よりも外側にある「赤外線」、地球をあたため てくれる熱は、この「赤外線」の働きです。 3~1000ミクロンの波長を持ち、その中でも4~50 ミクロンの部分が「遠赤外線」です。
    「遠赤外線」は、皮膚によく吸収されて深部まで浸透し、 細胞を共振させて身体を芯から温め、血行や新陳代謝を促進、 免疫力を高めるといわれています。

    4)1℃単位で温度設定可能

    温水マット・温熱ドーム(上部/下部) それぞれ1℃単位での温度調整ができます。

    人それぞれのお好み・その日の体調に合わせて、最適な温度に設定できますので、必ず満足のいく温まり方・汗のかき方をしていただけます。

仕様・価格


サイズ
(温水マット)[全長]1800×[幅]710×[高]35(mm)
(温水ボイラー)[幅]223×[高]235×[奥行]220(mm)
(温熱ドーム)
【上部】[全長]910×[幅]710×[高]460(mm)
【下部】[全長910]×[幅]610×[高]410(mm)
定格電圧 AC100V
定格周波数 50Hz~60Hz
消費電力 (温水ボイラー)250W
(温熱ドーム)800W (最大時)
内容 撥水生地・玉川温泉湯の花パウダーシート
耐熱ABS
デジタルコントローラー
遠赤外線放射パネル
定  価

本体価格 548,000円(税別) 591,840円(税込)
月々10,800円~

その他 ラインナップ

全身温熱単品
全身温熱シェラフセット
岩盤浴 ベッドタイプ シリーズ
那智石タイプ岩盤浴ベッド

岩盤浴ベッド「北投石盤癒」那智石タイプ

詳細はこちらをご覧ください

プレートタイプ岩盤浴ベッド

岩盤浴ベッド「北投石盤癒」プレートタイプ

詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせ

全身温熱 導入ご検討の方 ご質問、ご不明点お気軽にお問合せください。

ラクト電話

お問い合わせはこちら

ご質問いただいた内容によっては返信にお時間がかかる事、ご了承お願い申し上げます

ページの先頭へ